ハズセ

  1. HR始動のキッカケ

    パチンコイベントの先駆者ハズセはそんな立ち位置の集団でした。ただそこから時代は流れ、業界は厳しい広告規制の中で告知を行っていく様になります。そんな中生まれたハズセの連れ打ち。

  2. スタッフブログ

    HAZUSEとの出会い

    何事もそうですが、縁は非常に大事だと思います。もしこの縁がなければ、HAZUSEで働いていることはなかったでしょう。そんな私とHAZUSEの出会いはほんの些細なきっかけからスタートしました。大学に入学し、元々興味があったのと時給が高いと言う理由でパチンコ店でバイトを始めた私。

  3. 過去を知らない打ち手の考え

    先日、とある音楽番組にて「恋」に関する曲のランキングを行なっていました。アンケートに答えたのは、10代~20代の今を生きる若い人たちだったのですが、なんと上位3曲が10年以上前の曲だったんです。この結果を見ると、人によって様々な意見が出ると思います。

  4. ash-blog

    エンターテインメントを提供するということ

    ハズセ編集部は、パチンコ・パチスロを通じてエンターテインメントを提供しています。その中で自分が心掛けていることの中に、「自分自身が楽しめるものにする」という気持ちが常にあります。何かを提供して、誰かを楽しませるということは簡単ではありません。

  5. ナイツブログ

    寿命について

    日本の平均寿命は世界トップクラスです。私にも60歳を超える両親がいますが、いつまでも健康で長生きしてほしいものです。一方、年々平均寿命が下がっているもの、私たちの身近にあります。そうですね、ぱちんこ・パチスロのホールにおける機種寿命です。

  6. 親睦会について

    親睦会とはHAZUSEの連れ打ち企画後に必ず行う飲み会のことです。もちろんお酒を飲む飲まないに関わらないし、強制的でもなく、参加したい方が集まって開催しております。

  7. 現代に置ける版権機種について

    原作のファンとして、自分が愛して止まない版権がぱちんこやパチスロになった時にはどんなことを思うのでしょうか。原作通りのストーリーが展開されるのか、キャラの崩壊などがないかなど様々な事について気になる部分は多いと思います。それは原作愛が大きければ大きいほど膨大な考えになるもの。

  8. ash-blog

    ニッチな需要にも応えていく気持ち。

    世の中は非常に多くの娯楽で溢れかえっています。日本だからでしょうか。世界規模で考えても、これほど多くの娯楽や遊びが普及している国は中々ないのかなと。旅行や映画、ゲームにアミューズメントなどなど。

  9. パチ・スロの変化についての話

    パチンコのMAX機がホールから姿を消して約半年。確変継続率の上限変更からも早いもので1年が経過しています。今だからこそ言えることかもしれませんが、これらの規制が始まったときはもう「パチンコはダメだな…」くらいネガティブな風に捉えていました。

  10. HAZUSEの歴史を紐解く。 ~Part3~

    今回の話は機種情報についてです。ハズセと言えば機種情報、機種情報と言えばハズセ、と最初に言われてもう17年経ちました。株式会社アッシュにとってハズセが根幹にあるのと同じように、ハズセにとっての根幹は機種情報です。なぜならハズセは機種情報サイトとして産声を上げたわけですから。

ページ上部へ戻る