ハズセ

  1. 親睦会について

    親睦会とはHAZUSEの連れ打ち企画後に必ず行う飲み会のことです。もちろんお酒を飲む飲まないに関わらないし、強制的でもなく、参加したい方が集まって開催しております。

  2. 現代に置ける版権機種について

    原作のファンとして、自分が愛して止まない版権がぱちんこやパチスロになった時にはどんなことを思うのでしょうか。原作通りのストーリーが展開されるのか、キャラの崩壊などがないかなど様々な事について気になる部分は多いと思います。それは原作愛が大きければ大きいほど膨大な考えになるもの。

  3. ash-blog

    ニッチな需要にも応えていく気持ち。

    世の中は非常に多くの娯楽で溢れかえっています。日本だからでしょうか。世界規模で考えても、これほど多くの娯楽や遊びが普及している国は中々ないのかなと。旅行や映画、ゲームにアミューズメントなどなど。

  4. HAZUSEの歴史を紐解く。 ~Part3~

    今回の話は機種情報についてです。ハズセと言えば機種情報、機種情報と言えばハズセ、と最初に言われてもう17年経ちました。株式会社アッシュにとってハズセが根幹にあるのと同じように、ハズセにとっての根幹は機種情報です。なぜならハズセは機種情報サイトとして産声を上げたわけですから。

  5. 大切にしたい「HAZUSEらしさ」について

    以前、ご縁があって、とあるパチンコ・パチスロ特集の取材に立ち会わせていただく機会がありました。

  6. 遊技を楽しみ、そして感じるという話

    以前、パチンコ・スロットの「音」に関する記事がUPされたかと思います。機種情報担当の某変態チックな編集部員の記事なのですが、僕は妙に納得してしまいました。確かに音、いわゆる「聴覚」というのは人間の五感の中で最も直接的に情報が入ってくる感覚機能と言われています。

  7. チャレンジ精神~動画制作を通じて感じたこと~

    「私、動画の制作に興味があるんですよね。」これは私が入社して半年になった頃、何気なくがろぱさんに言った言葉。

  8. 期待感の演出に関して

    営業として取引先のホールにお話を伺う中で出てくる話題としては「どう平常営業の稼働を上げていくか?」という一点に尽きます。

  9. ハズセの歴史2

    HAZUSEの歴史を紐解く。 ~Part2~

    前回はHAZUSEが生まれた経緯を書きましたが、今回はあの伝説のコラボレーションイベントのお話。HAZUSEが生まれて5年ほどが経過した冬のある日。HAZUSEの管理人である「がろぱ」さんは運命的な出会いをします。それが東京都中野区にある「スロット ジパング」さんでした。

  10. NOライター

    ファンと共に歩む。 ~HAZUSE編集部員がライターを名乗らない理由~

    業界初となる、パチスロサイトとホールのコラボレーション企画である「お遊戯会」から始まり、HAZUSEでは現在でも多くの企画を行っています。その根底にあるのは、一人でも多くのファンに楽しんでもらいたいという想いから。

ページ上部へ戻る